09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

果てしなく青い、この空の下で・・・。

  // 

ツンデレと大和撫子を愛している隠れオタ社会人によるゲーム・アニメ・etc…の雑日記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

宮島レポート vol.3 


そんな素敵?なオジサンを後にしてやってきました清盛神社。観光客はほとんど厳島神社周辺に集まっている為そこから離れているこの辺はほとんど人がいません。さて、賽銭を入れてお参りしますかね…ってジャリ銭がないな。そ、そういえば、厳島神社で小銭を全部ぶちこんだんだっけ。まあいい、休憩がてら隣にある清盛茶屋なる甘味処で甘いものでも食うか。で、甘いものは売り切れ。。。人いないのに何で売り切れなんだ?怒るお(#^ω^) しょうがないのでおでんを注文。おでん2品で2百円、千円払ってお釣りが800円と。さてとこれでお賽銭が100円になったな。。。ってオイィ!全然細かくなってねーよwww しょーがねぇおでんだな(オマエガナ)結局自販機で缶コーヒー買ってくずしました。そういう訳でやっとこさ10円を投入してニ礼ニ拍手一礼と。「彼女ができますように」とかなんて願ってません。えぇ、願ってませんとも。これっぽっちも。まったくと言っていい程(しつこい)

さぁ~て次は大元神社へ。途中でみたらし団子が売っていたので買い食い。みたらし団子好きなんです。食べながら進んで進んでいくとなにやら水族館が前方に…何か想像していたよりもずっとしょ、や、ノーコメントで。この水族館から歩いてすぐの所に大元公園という自然公園があって、その中に目当ての大元神社があります。自然公園というだけあってここは緑が綺麗でさらに神社の近くに巨木もあっていい場所でした。コーヒーの空き缶にみたらし団子の串を入れ地面に置いてから写真を撮っているとイキナリ空き缶が倒れる音が!何事!?と振り向けば鹿が俺の串を食ってたw ちょ、食い意地張りすぎ。まったくしょうがない鹿タソだな。サクッと取り返してゴミ箱へ捨て。。。たいけどゴミ箱がない。どこにもない。くっ!孔明の罠か?見事に捨てる場所がねぇじゃねぇか。自販機は結構あるのに。蒼月さんは偽善者なのでゴミのポイ捨ては絶対にしません。なのでゴミを片手に次の神社へと。。。人気のない島の端から人がいる場所に出てきたと言うのにゴミ箱がない。鹿が荒らすからだろうけど困った。


その時目に入ったのが小綺麗な蕎麦屋。蕎麦は結構好きなのでここで遅い昼食をとることにしました。その蕎麦のお味はというと!普通でした。麺はコシがあってグッドでしたが薬味とダシが普通でそばの風味があまりしなかったのが残念な点。ゴミはここで捨ててもらってやっと身軽になったところで次の神社へ。


そんな時、地図に載っていない金刀比羅神社を発見。厳島神社を出てすぐの所にある小さな神社です。うぬぬ、この地図結構大まかにしか描かれていないようで、こんなちっこい神社は載ってないようです。まぁ俺みたいに神社巡りをする変わり者は少数派だろうから、普通の観光客であれば十分役にたつので問題ないんだろうけど。


次の神社は女性の守り神とされ、島では女児が初潮を迎えると参拝するといわれる(ほんとか?)粟島神社。蒼月さんが参拝してもさっぱり意味を為さない神社っぽい気がするけど、そんなことはキニシナイ。さて賽銭を…。ぬ?Σ(゚Д゚;)銭の貯蔵が切れたw 50円玉しかないじゃないか。周りに自販機か店は…ないな。しょうがないので50円玉タソとサヨナラ。


ここからは自然散策道のもみじ歩道を往きます。ほぉ~、もみじの葉の深緑が清涼感を感じさせてすばらしい。まだ蚊もいないし暑くも寒くもなしで最高。しかし、この分だと秋の紅葉、略して秋葉様の季節はさぞかしイイ眺めになるんだろうな~と、そんなことを考えつつ歩いていくと途中で道が分かれていた。そこから右に進むと眺めのいい高台に茶屋が鎮座していた。何やら天皇陛下も来た事あるとか書いてましたが、そんなことはハッキリいってどうでもいいのでスルーw



さっきから食べてばっかりいる気がしますがこんないい眺めがあるのだから仕方がない。ってことでオススメのセットらしい(もみじ饅頭+抹茶)を頂く。ここから厳島神社の大鳥居もよく見えるんですが、先程よりも更に潮が引いたようで人が鳥居の周りをうろちょろしてる様子が見れました。「見ろ!人が○のようだ!」


そんな大佐ごっこは終わりにして次行きます。分かれ道まで戻って左の道を進んでいくと小さい神社が見えてきました。四宮神社です。最初に目についたのが傍にある自動販売おみくじ機。普通に雰囲気ぶち壊しなんですが。120%無いほうがいいです。大体こんなのでおみくじ引く奴っているの?気を取り直してお参り。お賽銭…50円か(;´Д`)

そんな四宮神社を後にしてどんどん行きますと、何やら人が増えてきました。その中に浴衣を着たおねーちゃんを連れたカップルがいてウザイなんてそんなことは露ほども思ってません。そんなこんなで歩いて弥山へのロープウェーへと到着。


なんといいますか、外人さんだらけです。どうやらツアーの団体客らしいのですが、28年生きてきた蒼月さんの人生の中でまちがいなく一番の外人密度です。そんな中ぽつねんと一人日本人の俺(独身28歳)がいた。ロープウェーの順番がやってきました。6人のりなので狭い密室に5人の外人と蒼月という配置になる予定だった…のだが、外人さんはどうやらまとまって乗りたかった様子で蒼月+外人二人で出発することに。一緒に乗ったのは女性二人で定員の半分の人数なのでラッキーとか英語で言ってました。向かい合わせの席がガラ空きで景色が見やすいってことでしょうね「YES!VERY GOOD!」とか言ってました。蒼月も広く座れて景色も見れて良かったんだ☆ZEと思っていたらイキナリ外人さんが声をかけてきた!?「ハロー ナイスツーミーチュー」と握手を求めてきた。(;><)「ハ、ハロー」とビビリながらも握手w 英語苦手なんだってばw NOVA行くべき?や、NOVAは駄目だw そんな時勢ネタも混ぜるのがスペシャルな男の嗜み。さてその外人さん、実はかなり美人でスタイルも良かったのでぶっちゃけ嬉しかったw もう一人の外人さんは普通だったけど。で、隣に座ったのは美人の方だったので到着するまで緊張しまくりんぐでした(;´∀`)ヤレヤレ


で、中継地点?に到着。ここは猿がいるらしく荷物をとられないようにとシツコイほど注意書きが。でも、結局猿には遭遇しませんでした。曇ってたので周りにある島はイマイチ見にくかったです。ここからさらに徒歩で山頂まで行くわけですが、、、普通にシンドイ。運動不足!


ふぃ~。到着!さすがに暑い。で、なんでこんなところに鹿がいるのかね?ワトソン君。こんなところ連れてくるなよ(´・ω・)カワイソスw



中央に見えるのがロープウェー乗り場。そこからここまで登った訳で

しばらく休憩してから再びロープウェー乗り場へと。その途中で外人の親子に出合ったんですが、その子供が…リトルウィッチは「白詰草話」のヒロインのエマにそっくり!?外人の子供ってなんでこんなに可愛いんだぜ?(;´Д`)ハァハァ←山登りで息切れしてるだけです。


エマ

無事に山の麓に到着。帰りのロープウェーは6人ぎっしり詰まって5人は外人ですた(;´Д`)今度は話しかけられませんでしたけど。帰り道は来た道とは違うルートで。チェックインの時間が迫っているのでとりあえずは旅館へGO。その途中ちょっとだけ道から外れた場所に壁紙にしたいような風景を発見。うぉぉぉ、これは癒される。歩き通しで汗をかいてたので清流で顔を洗ってスッキリ。冷たくて気持ちよかった~。




そこより少し歩いた先に見えるのが紅葉谷公園の入り口にあるもみじ橋。行く時は気にしませんでしたが、流石にこの周辺は観光名所の1つというだけあって本当に綺麗です。名残惜しくも公園を後にして旅館へと歩いていくと。またもや、地図に無い神社を発見。今度の神社は結構大きい。


その名は三翁神社。賽銭入れて~お参りして~。50円玉で~。そこから厳島神社の裏側?沿いに歩いていくと荒胡子神社がありました。またまた地図に載ってない件。


昼ごろに訪れた時よりさらに潮が引いているのが写真からもわかると思います。そこらじゅう潮干狩りまくりで所々がボコボコだったりして。



蒼月さんは無計画に行き当たりばったりに行動するんですが、そういう感じに動いたワリにビックリするほど効率よく動けたようで錦水館別館のチェックインの時間ピッタリに到着。ここはフェリー乗り場から歩いて一分掛からない場所にあるのですぐに見つかりました。というか、ほとんど目の前。

部屋に着いてベッドで横になってほっと一息。さすがに歩き疲れました~。足が痛い。しばらくゴロゴロしてから汗と疲れを流す為に大浴場へ。まぁ、天然温泉って話でもなかったので期待してなかったんですが。。。よくもまぁぬけぬけとゴメンナサイw 広さも設備もいたって普通なんですが窓から見える景色は最高でした。5階にある大浴場からは内海が本土が見渡せて驚きました。残念ながら角度的に厳島神社は見えませんでしたが夕日を眺めながらの湯浴みは格別でした。ぶっちゃけ窓際で仁王立ちしたら外からもろ見えw や、イチイチ五階の窓を見上げるような人はいませんでしたけどね。
(続く)
旅行記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://boundlessblue.blog82.fc2.com/tb.php/215-7a19b7a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

真剣で私に恋しなさい! 戯画『 BALDR SKY 』応援バナー企画参加中! 止マナイ雨ニ病ミナガラ
ニトロプラス『続・殺戮のジャンゴ』応援中 和(なごみ)応援中 アリスソフト
ほめられてのびるらじおPP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。