05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

果てしなく青い、この空の下で・・・。

  // 

ツンデレと大和撫子を愛している隠れオタ社会人によるゲーム・アニメ・etc…の雑日記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Bullet Butlers 

Bullet Butlers
メーカー:propeller 発売日:2007/07/27
シナリオライター:東出祐一郎 原画:中央東口

システム:8
標準装備で問題なし。未読部分まで一気にすっとばせるJUMPボタンは最高にCOOL、他メーカーも見習うべし。逆に気になったのがロードしてプレイする場合にそれより前のログが見れなくなるところ。久しぶりにプレイする時に遡ってどんなシーンなのかを確認できないこの仕様はちょっと不便。これはこのゲームに限った話じゃないんだけど地味に気になる箇所です。

歌・ムービー:8.5
OP 「one bullet that changes the world」 唄・作詞・作曲:Antistar
IN 「Enemy Within」 唄・作詞・作曲:Antistar
ED 「From That Time of Choice」 唄:C.R.Jasmine/作詞・作曲:Antistar

OP、ED、挿入歌すべて英語の歌詞で大変格好良く渋いハードボイルドな仕上がりになっている。物語の雰囲気を壊さない、むしろ盛り上げる出来に感動して咽び泣く想いでございます(大袈裟)特にEDのしっとりとした雰囲気は好きです。

BGM・音:7.5
戦闘時の音楽はテンションの盛り上がる曲で◎。他のBGMはまあ及第点かな。

グラフィック・演出:7.5
塗りはかなり綺麗だがデッサンというかバランスがオカシイ絵がたまにある。黒が好きなんでセルマお嬢様は結構好みでしたが、それ以外のヴァレリアとかメイド達がちょっと…。一枚絵と立ち絵との差異も若干気になったし、和むシーンで出てくるデフォルメキャラが可愛くなかったりと残念な点が多い。駄目押しになるがグール&アクエリアスのエフェクトはもっと頑張れたんじゃないかと思う。まあ、戦闘シーンはかなり気合を入れているようで、ギュスターヴの右手が光って唸るシーン等は素晴らしかったです。なんというか、全体的に上手いとか下手とかじゃなくて品質が一定していないのが一番気になった。

キャラ:9.5
リック・アロースミス(CV)平井達矢
強いが弱い最強執事。銃の最強っぷりと周りが同等以上に強いせいとでイマイチ強いというイメージが持てなかった人。執事然とした丁寧ながらもキツイ台詞が面白くて好きw でもちょっと影薄い(ボソッ

セルマ・フォルテンマイヤー(CV)佐本二厘
黒髪ツンデレお嬢様。声による底上げもあってかなりいいお嬢様っぷりです。毅然とした主たる言動からたまにこぼれでるツンデレ顔が萌える。やはり黒髪には赤い瞳がよく映える。(異論は認めない)黒髪ロングでストレートではなくウェーブってのは珍しい。だが、それもいい。ホント黒好きだな俺…。

渡良瀬雪(CV)このかなみ
戦うポニテ赤髪メイド…じゃなくて女執事。スペック的には好きになってもおかしくない。。。のにイマイチ煮え切らなかった。とても惜しい!必要以上にお嬢様萌えなところが蒼月的に萎えた。というかパパが頑張りすぎて目立たなかったのもあるかも?

ヴァレリア・フォースター(CV)九条信乃
エルフが大好物のワタクシがまったく萌えないとは。中の人の喋り方は前作のトーニャのほうが好み。

ランド・フォルテンマイヤー(CV)タケムラ
渋いじじい。アンタのツンっぷりは異常。セルマが可哀相過ぎてイライラした。

アルフレッド・アロースミス(CV)小次郎
壊れた完璧超人で英雄より強い男。その反則的な強さと声で銃まで惚れさせる。中の人が某大佐。その身体能力はなんなの?

シド・フォルテンマイヤー(CV)紅万寿
彼にこの言葉を送ろう「哀しいけど、それ、戦争なのよね」 つーか、マジで今でも信じられんねw シャアがきたこれ。

アッシュ・ガープリング(CV)ヘルシー太郎
プロ意識が地味にカッコいい大十字九朗。あ、恋次なんだ。

ホープ・A・シャルマ(CV)紫原遙
オチャラケ担当の軽い奴かと思ったら。。。や、その担当なのは間違いなく扱いも酷いんだけど、中身は決して軽くないギッシリ詰まったいい漢だった。大好きなキャラ。

レイス(CV)黒瀬鷹
空を歩ける人。スペランカーに是非とも爪の垢を飲ませたい。ベイルとガラの次に主人公を喰っている漢。キャラ立ちすぎだろおまえw 最後までおいしすぎるぜ(;´Д`)

エルネスタ・ディートリッヒ(CV)嬉野祥子
エロフ。とっても強いのにぜんぜん放置プレイなお姉さん。

ベイル・ハウター(CV)きーやんw
今作のMVPキャラ(銃)。口は悪いのにへたれで、へたれだけどカッコ可愛い。喋りと声優のせいで前作のトリガーハッピーキャラとかぶり過ぎているがキニシナイ。きーやん最高。彼なくしてこの銃は存在しなかったと言っても過言ではない。銃なんだけど公式サイトでの人気投票で堂々の一位。

ルダ・グレフィンド(CV)野神奈々
銃にしておくにはもったいないツンデレ(ギレ?) 擬人化希望

ギュスターヴ(CV)肘肩腰三
敵だけど本当はいい人だから困る。対戦車ライフルを直立状態で撃てる超人っぷりにはマジでびびった。味方に是非欲しくなる人材。中の人によるとこっち方面の仕事は今回が初とのこと。。。って、ん!?前作で九鬼先生やられてませんでしたっけ?っていうかそんなカッコイイ声で隠せる訳がねぇw

ガラ・ラ・レッドウッド(CV)松涛エルザ
声も渋いがキャラも渋い。渋さを取ったら何も残らないぐらいの渋さが堪らない。笑うとちょっと口らへんが恐い。中の人はジェシーおいたんw 正直カッコ良過ぎて濡れる。

プーキー・フーキー(CV)空乃太陽
飛べない豚。つまり豚(酷

キャロル・ピール(CV)理多
恐ろしいほど可愛くないメイド1。だいぶ演技うまくなったね。

コゼット・レングランス(CV)遠山枝里子
恐ろしいほど可愛くないメイド2

カウラ・ロイ・ラガスティア(CV)遠山枝里子
ぶっちゃけ、セルマを除く二人のヒロインより好きだw もっと掘り下げろコノヤロウー!円月輪サイコー

ヘル(CV)一色ヒカル
ベアトリス(CV)安玖深音
オリヴァー・レングランス(CV)事務台車

もー、キャラ多いねん!w(褒め言葉

声:10
前作より更に豪華になってます。最早ロストチャイルドを超えたであろうそうそうたる表メンバーに驚きを隠せる訳もなく。前作はジェリドがいましたが今度はシャアですよ?富竹フラッシュですよ?w そんな布陣なのでどうしても男性声優ばかりに目がいきますが、メインヒロインのセルマお嬢様もそれに負けず劣らず輝いていたと思います。それもそのはずで準にゃんとか貴子さんの人でした。前作から引き続いて演じてる方が多いので、名前を見るまでてっきり前作のメインの人がまたメイン張ってるんだとばかり勘違いしてました。声が結構似てません?ま、そんな訳で今更ですがセルマお嬢様の中の人は蒼月的に要ちぇっくです。

テキスト・シナリオ:8
剣と魔法のファンタジーとリアル現代の融合した世界設定は面白い。最後までプレイできる勢いと読みやすさがあり全体的に綺麗にまとまっている印象。というか、まとまり過ぎて逆に前作よりもあっさり風味になった感じを受けた。レイスはいい線いっていたが、もっと感情移入する余地のない完全悪の憎める敵が一人ぐらいいた方がメリハリがついて良かったと思う。バルドでいうゲンハやデモンベインのティベリウスのような奴が…。あとね、回想シーンが多過ぎて正直疲れました。最後に個別ルートがしっかり書き分けられていたのは評価したい。

印象値補正:-3.5

総合:79
悪くないがあやかしびとと比べてしまう。そうするとどうしても見劣りしてしまう訳で。。。前作同様に戦うヒロインと熱い漢達の競演は他にはない見事な売りになっているがそれが劣化したのが一つの要因だと思う。つまり漢達が同様に高クオリティだったのに比べ(前のが好きだけど)女性達の魅力が下がったのが敗因。サブが魅力的なのは勿論評価されるべき点だけど、肝心のヒロインも頑張ってあげて。どう考えてもサブの方が目立ってるw 燃えの高水準に比べ萌えが付いていけなかった惜しい作品でした。

さて、同時期にでた「きみある」にしても言えることですが、最早男性声優に関して言えばエロゲという垣根はなくなってきたと言ってもいいんじゃないだろうか。そのうちエロゲに出ることがステータスに…なんてのは無理な話かw や、緑川みたいにエロ声はいらないんでどんどん遠慮せずにこちらに進出して欲しいものですね。もちろん女性声優も!って無理かw ヒロインはエロ声あるもんね。(*´д`)ハァハァ

どうでもいいけど、弾薬の補充を魔法で補うっていうのはトリガーハッピーな俺にはかなりツボで新鮮な設定でした。弾を気にせず撃てるなんて無敵じゃねーか!ハーハッハッハ!(オチツケ

Bullet Butlers
このぐらいのクオリティが作中に欲しかった…。

名台詞
リック 「やなこったでございます」
暴言のなかにも丁寧さを忘れないのが堪らない。
リックの冷静なツッコミというか返しがかなり好きw


ホープ 「僕もボディガードがついているから分かるけどさ。自分のために失われる命というのは、酷く重いものだよ」
リック 「――私は執事で、命を捧げる側ですから。それについては分かりかねます」
ホープ 「それは逃げだよ、リック。卑怯極まりない言い回しだ」
ホープ 「君は考えるべきだ。自分が命を捧げるという行為の尊さと愚かさを、ね。やめろとは言わない。セルマを守るために命を賭けるな、なんて言わないさ。 ただ、己の行為が結果何をもたらすかだけは、考えるべきだと思うよ」

普通に命を懸けるキャラが多い昨今。この言葉は心に響いた。


ホープ 「確かに、こんな日が永遠に続くなんてことはない。しかし、翻せばどんな辛い日だって永遠に続くわけでもないんだ。いつかまた、こんな日がやってくるさ」
今を大事に、大切に生きよう。

テーマ: PCゲー

ジャンル: ゲーム

エロゲ  /  tb: --  /  cm: --  /  △top
真剣で私に恋しなさい! 戯画『 BALDR SKY 』応援バナー企画参加中! 止マナイ雨ニ病ミナガラ
ニトロプラス『続・殺戮のジャンゴ』応援中 和(なごみ)応援中 アリスソフト
ほめられてのびるらじおPP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。