07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

果てしなく青い、この空の下で・・・。

  // 

ツンデレと大和撫子を愛している隠れオタ社会人によるゲーム・アニメ・etc…の雑日記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

そして明日の世界より―― 

そして明日の世界より――
メーカー:etude 発売日:2007/11/22
シナリオライター:健速 原画:植田良

システム:8
標準装備で問題なし。ただし、共通のテキストがかなり混在しているのに未読と既読の文字の色(白と薄い水色)が見分け難いのは困りモノ。同じ理由でスキップはもっと早いほうがベターだった。ワイドスクリーン対応なのは他にない嬉しい仕様でした。

歌・ムービー:9.5
OP 「For our days」 唄:川田まみ/作曲:高瀬一矢
ED 「return to that place」唄:川田まみ/作曲:井内舞子
夕陽ED 「散歩道」 唄:eufonius/作曲:菊地創
朝陽ED 「Kiss」 唄:WHITE-LIPS/作曲:樋口秀樹
青葉ED 「夕空ワルツ」 唄:eufonius/作曲:菊地創
御波ED 「Never end」 唄:中原涼/作曲:水月陵
グランドエンディングテーマ「Amazing Grace」 唄:KIYO・唯音

OPのムービーは久しぶりにクリアする前から軽く鳥肌が立ちました。同ヴォーカルのEDもかなり素晴らしい出来で、まぁ、つまるところ川田まみに撃沈。EDはキャラ別にヴォーカルが用意されている仕様で豪華。WHITE-LIPS厨なので無論「Kiss」マンセーなんですが、それ以外の曲も良かったと思います。総じて綺麗なイメージで統一された曲でお見事。

BGM・音:9
うーん、綺麗って言葉しか浮かばない曲ばかりで、あぁ、I'veっぽいなという印象を受ける。寝落ち祭りだったのはこの心地よい曲のせいってのもあると思う。作中の美しい世界を表現するのに十分な質の音だと思います。

グラフィック・演出:10
夏ゲーが好きな俺には堪らないグラフィックの数々。インターフェイスや背景を含めた色の使い方がハンパなく超美麗。最初は気づかなかったけど背景の雲が微妙に動いてる素敵仕様になっている。キャラの髪型がかなり変なことを除けばそれはまさに美しきパーフェクトワールドへご招待(イミフ。ギャラリー画面も凝っていて大好きです。この美しさで統一された一体感はリトルウィッチに勝るとも劣らないものがある。そう、髪型を除けばw

キャラ:7
葦野 昴
超絶鈍感男。数々の鈍感男を見てきたがトップクラスに酷い。ヒロイン達の捨て身で露骨なアタックを受けても冗談で流したり、笑い飛ばしたりして友達以上に見ようとしないその頑固な姿勢は本気でうざいというかキモイというかイライラする。加えてあの状況と恵まれた環境に居てなお単独でシェルターへ行こうとしたり、ヒロイン達を信じていない所が理解できない。女性的とかヘタレとかでは全然ないんだが、思春期特有の男さを感じないキャラでなんか気持ち悪かった。つまり好きじゃない。

日向 夕陽(CV)安玖深音
変な髪形その1。ビックリマンの大和王子(ネタ古っ!)のような髪型のヒロインは初めてだw 終始気になったのが口癖でこれが結構ウザイ。エロゲでは変な口癖のキャラが多々いるがその殆どで印象が悪いのは俺だけだろうか?「あいあい」「あいあーい」ってあんた、それ?突っ込んじゃっていいの?だったら遠慮なく…『お前はお猿さんかよ!』 さらに追加でもう一つ「あめじんぐれ」をとても自重してくれ。基本スタンスが超依存型なのでしょうがないが、その辺りさえ直せば良くは無くとも悪くはないぐらいにはなるかもしれない少しうざいキャラでしたw アグミオンは悪くない。

日向 朝陽(CV)岡本あさひ
変な髪形その2。ダブル海老装備、つまりよっぴー二人分。一つだけなら許せても二つは無理だった。しかも伊達メガネで声も合わないときたら萌える要素なんぞある訳もない。でも、メガネを外して髪をといたら…ありでしたw てへり。

樹 青葉(CV)青山ゆかり
なんという素晴らしいポニテ。 声のせいもあって生粋の俺好みのツンデレかと思ったら微妙に違っていてションボリーヌ。彼女のルートクリア後は他のルートで彼女の内心が気になって複雑な気持ちになってしまうこと請け合い。鈍感男を好きになると辛いなって思わされるいいお話(違。このルートの主人公は殴りたくなること火の如しでござる。ボーイッシュなのかツンデレなのかヤンデレなのかそうでないのかハッキリしなかったのが敗因かと。中途半端はイクナイ。

水守 御波(CV)夢篠さなぎ
病弱キャラでありながら意外にも運動神経はかなり良かったりする。おとなしかった性格がどんどん積極的でお茶目になっていくのが可愛くて面白かった。タイプ的にはキラキラのお嬢様とかぶっている感じ。会話に嫌味がなく心地よい不思議な魅力を持ったキャラで印象深い。俺が月厨だからだろうか?レンに見えるのは。そんな訳でお奨めヒロイン。

八島 宗一郎(CV)柴田秀勝
最初から解かっていた、変わらない安心感がそこにあるってことを。だって声が反則なんだもの。これはしょうがないよね?おじいちゃん最強。

葦野 竜(CV)松涛エルザ
初対面で、吹いたw ニート(ジャミル)がまた出てるよ!?またもや美味しい所を持って行きました、俺の心ですw バレバト同様に漢は背中で語っておられます。

葦野 海(CV)かわしまりの
初対面で姉ちゃんと思ったのは俺だけだろうか。まさか、おかんとは…。だって声がかわりまりのなんだもん!ずるいよ母さん!

日向 陽(CV)一条和矢

終わってみれば、いや、終わるまでも無く御波の1人勝ち。青葉もいいセンいきかけたんですが…掴み所が難しいキャラだった。残りの二人はどうでもいいw 親父とじいちゃんはちょっと反則気味?

声:8
いい所を突いてきてます。堀内賢雄もそうだけど、まさかハガレンの大総統が出てくるとは思わなかった。もうホントに男声優に関して言えば解禁といっても過言じゃないなと思った今日この頃。それは置いといて、ヒロインの中では御波が頭一つ抜けて上手かった。上手いというだけの単語表現では足りないこの感覚…、これは恋?(馬鹿) なんてぐらい御波は良かったです。

テキスト・シナリオ:2.5
まずクドイ!そしてクドイ!さらにクドイ!そう、今の俺ぐらいクドイです。日常生活が驚く程ツマンナイ。だから眠いのなんのってハメに陥って寝落ち新記録を樹立ですよ。「どうでもいいよ…そんなこと」と思わざるを得ない日々の行動の羅列がボディブローのように苦痛でした。そして大半を占める共通テキストもまた困りもの。数が多い為なのかその前後の文章の整合性がとれてないシーンがたまにあった。そこまで共通文章が多いのならばいっそのことハーレム色を強めた一本道のストーリーにしたほうが絶対に良かったと思う(車輪のように)。それほどに個別ルートの蛇足っぷりは酷かった。

印象値補正:-4

総合:70
隕石が落ちてきて地球が滅亡するという壮大なテーマ。それに沿うような蒼月が望む展開になったのはノーマルENDの終盤とアフターシナリオだけという極々短い間だけだった。。。最後の瞬発力は流石だったがそれも「遅かりし、テンカワ・アキト」といった具合だろう。まぁ、ラストの流れで言いたいことややりたかった事は十分に伝わってきた。多分みんなもそうだろうと思う。でも、それだけの為にあの長い果てない文章を読まされたのかと思うと自分がやるせない。終わりよければ?や、この場合に限って言うなら終わりだけ良くても納得できかねる。こなかなの時はそれほど感じなかったがどうやら健速氏とは相性が悪いような気がする。

そして明日の世界より――

名台詞
御波 「葦野さん、葦野さん」
ただの普通の呼び掛けなのに…俺ってば何度もリピートをw

昴 「…不思議だね。俺達は一生懸命自分達の世界を守ろうとしてきたけどさ。俺達が気づいてなかっただけで、本当はもうとっくに滅んじまってた」
滅ぶ前に滅んでしまう、人って哀しい生き物なんだね。

テーマ: PCゲー

ジャンル: ゲーム

エロゲ  /  tb: --  /  cm: --  /  △top
真剣で私に恋しなさい! 戯画『 BALDR SKY 』応援バナー企画参加中! 止マナイ雨ニ病ミナガラ
ニトロプラス『続・殺戮のジャンゴ』応援中 和(なごみ)応援中 アリスソフト
ほめられてのびるらじおPP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。