08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

果てしなく青い、この空の下で・・・。

  // 

ツンデレと大和撫子を愛している隠れオタ社会人によるゲーム・アニメ・etc…の雑日記。

Really?Really! 

Really・Really!
メーカー:Navel 発売日:2006/11/24
シナリオライター:あごバリア 原画:西又葵&鈴平ひろ

システム:8.5
特に問題なし。使いやすかったです。表情鑑賞モードで表情が見れるシステムはよかった。っていうか諸刃の剣じゃないですか?あれ。「判子絵」がモロバレっすよw

歌・ムービー:7.5
OP「Remenber memories」唄:YURIA/作曲:アッチョリケ
IN「Ageless Love」唄:橋本みゆき/作曲:アッチョリケ
ED「Happy Dream」唄:YURIA/作曲:アッチョリケ
OPムービーは無難にそこそこの出来。今回のOP曲はハマれなった。ED曲はぼちぼちで挿入歌はなかなか良かったかな。

BGM・音:8.5
ファンディスクみたいなものなので当然半分以上は今までのシャッフル作品の曲。新しく追加された曲も違和感なく、いままでの雰囲気も壊さずにまとまっていました。アッチョリケ万歳

グラフィック・演出:9
さすがは人気のある原画のお二人かと。ファンディスク的なゲームだというのに書き下ろしが多くてGJであります。塗りも素晴らしい出来。でも、たまぁ~に、西又氏の絵に違和感を感じた。ぶっちゃけて言うと鈴平氏の方が西又氏より絵は上手いと思うんだが、惹かれるのはどっちかというと?不思議と西又絵になるんだよなぁ、これが・・・。や、甲乙つけがたい差だけどね。リアリーシステム?あれはゲームっぽくてちょっとよかった。

キャラ:8
芙蓉楓(CV)籐野らん
メインヒロインのはずなのに微妙に影が薄いw 他のキャラたちが頑張りすぎた。

八重桜(CV)安玖深音
今更とってつけたようにでてきた隠しキャラである幼馴染の「八重桜」。名前からして既に蒼月好みの上に黒髪ロング!で完璧超人ですよ?一人でも許せない幼馴染を二人だと?稟、殴って(略)しかも、声優さんの力で魅力が+αされて性格も健気なので桜はかなり可愛いかったです。外見で言えば楓より好みだったんだけど、でも、残念ながら過去の人。諦めずに稟君好き好きオーラをもっと出して欲しかった。

時雨亜沙(CV)宝塚すみれ
今回の空気の読めてなさすぎな人、それが亜沙先輩。にしても、あんな逆セクハラありっすか?常識的に考えてずるい。入学祝い俺もしてくれぃw

プリムラ(CV)北都南
んー、ロリ担当。今回は目立たず。

麻弓=タイム(CV)香取那須巳
残念ながら、散々自慢してた割りには胸がぺったんこじゃなかったのですよ~(涙)「なのですよ~」の係。や、キャラ増えすぎて立たなくなってきたのはわかるが、口癖の連発は止めて欲しい。ちょっとうざいw でも可愛いから許します。

紅薔薇撫子(CV)緒田マリ
妄想とはいえ性格変わりすぎ。紅女史を侮辱するにゃ~!ああいうぶつかり突発イベントでいつも思うのが、さっさとどけよ!ってこと。慌てて体がうまく動かない?そんな自分に都合のいい金縛りがあるか!!って思う訳なのですよ。つー訳なのであれは逆に萎えました。え?まぁ、しっかり鑑賞しましたけどねw

ネリネ(CV)松永雪希
この前はメインをはったネリネ、シア以下の扱いかと思いきや・・・今回もあのネリネが登場。この時の声は某喫茶キュ○オツンデレ金髪ツインテールメイドっぽい。

リシアンサス(CV)佐々留美子
ってことでシアがどうみても放置プレイです。その可哀想な扱いに泣いたw きっと次こそは君がメインだ!俺は好きだぞ!

声:8
えーっと、樹の声が嫌いw亜沙先輩もシャッフル時代よりは上手くなってましたが、まだちょっとあれでした。亜麻さんはやっぱり問題外です。できれば大人しく歌だけ歌って頂きたい・・・。駄目だしはここまで。他のヒロインは問題ないどころか好きな方ばかりなのでオールオッケー。で、新ヒロインの八重桜の声の安玖深音さん。
(プレイ前)
またこの人かよ~、嫌いじゃないけど正直聞き飽きてきたなぁ~。
(プレイ後)
桜サイコー!特に声がいいよな!
とかなってる俺に乾杯。ガヤで一色の声が聞こえる気がするなぁ~と思ってたらカレハ先輩の妹のツボミの声が一色ぴかるなのね。実は何気に男性陣が豪華で、小杉十郎太、森川智之がいたりする・・・って今更かw 前からだもんな。

テキスト・シナリオ:6
あご氏、文章が昔よりもほんのり上手くなったように感じた。しかし、今回のストーリーは楓の過去の話がメインのはず、なのにそれだけでは尺が足りなかったからついでにサブキャラを無理やり絡めちゃいましたぁ、てへっ。っていう感じがモロにでていた。楓を助ける為という免罪符で他のキャラとのエロ三昧の稟・・・まぁ、楓ルートでなければそんな展開もいいんだろうけど、楓エンドの後日談でそれをやりますか?という感じ。無理にサブキャラを絡めた結果、うまくエロシーンまで導けなかったみたいで最後の手段の「夢オチ展開」そりゃそうだよな~、浮気以外では夢オチぐらいじゃないと他キャラと絡めないもんな。そんなこんなで、サブキャラ達の無駄エロ話にまみれて結局は楓のトラウマ部分の描写が少なく感じられるのが残念でありました。それから、今回に限ってはしょうがないことなのかもしれないが、話の時系列がバラバラに飛んでる上に、それを修正しては話がまた変わるわで分かり難いところが多々あった。サブキャラにはこんなご都合主義な話じゃなくて、ちゃんと単体のシナリオが欲しかった。でも、それは構成上望めないとさっきも述べた通り。まぁ、最初から楓の過去の話はシャッフルに詰め込んどけって事ですね。

印象値補正:-3.5

総合:74
とりあえず、楓ゲーではないよな。どっかの先輩含めサブキャラが出張りすぎ。でも、ファンディスクのボリュームと侮っていたのでいい意味で裏切られた。思っていたよりもずっと丁寧にしっかり作ってあってちょこっとビックリ。何気に細部にこだわりも感じられた。そういえば、ここってセーブ時に場面に応じたタイトルがイチイチ細かくついたりするようなネタを仕込むメーカーだったのを思い出したw シャッフル商法で印象悪くなってて目が曇ってたかもしれないな。少なくともやっつけ仕事といった風には感じなかった。逆転裁判やコナン等のパロもなかなか面白かったし。それでも、まぁ、ストーリーは強引に作られた感は否めなかったが。あと、エロゲにはよくあることだが、特に理由もなくモテル主人公がよくいる。稟はイケメンだし優しい(らしい)ので、よくあるヘタレ系主人公よりは特に不満も無かった。そう、シャッフルの時までは。。。「Tick! Tack!」を経て今作となるにつれ段々とヘタレエロ化して稟の魅力が無くなっているように思える。前は我慢できたハーレム具合もそうなってくるとイライラしてくる訳で。もう少し稟の内面をかっこよくして頂きたいですね。イケメンでちょっと優しいってだけであのハーレム状態では・・・ねぇ?

あ、ちなみに私はシアと結婚後のハーレムルート推奨派です。カッコつけて一人だけしか選ばないとかありえない、うん、ありえない。

名台詞
プリムラ 「私、稟の妻」

樹 「・・・稟、殴っていいかい・・・業務用釘バットで頭蓋を鈍く・・・」
どんな業務だよw

楓 「だめですよ・・・稟くんの意思を尊重しないと・・・」(#^ω^)ピキ
プリムラ 「はい・・・」 ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

紅葉 「禁則事項です♪」

テーマ: 美少女ゲーム

ジャンル: ゲーム

エロゲ  /  tb: --  /  cm: --  /  △top
真剣で私に恋しなさい! 戯画『 BALDR SKY 』応援バナー企画参加中! 止マナイ雨ニ病ミナガラ
ニトロプラス『続・殺戮のジャンゴ』応援中 和(なごみ)応援中 アリスソフト
ほめられてのびるらじおPP