07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

果てしなく青い、この空の下で・・・。

  // 

ツンデレと大和撫子を愛している隠れオタ社会人によるゲーム・アニメ・etc…の雑日記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

車輪の国、悠久の少年少女 


メーカー:あかべぇそふとつぅ 発売日:2007/1/26
シナリオライター:るーすぼーい 原画:有葉

システム:8
標準的装備。使いやすく問題なし。

歌・ムービー:7
OP「少年少女よ、大志を抱け」唄:片霧烈火/作曲:片霧烈火
ED「live」唄:川村ゆみ/作曲:藤間仁

OPは曲も歌詞もなかなか良かったし、EDも歌自体の質はかなり高い。が、どちらも悪い意味でエロゲっぽくなくゲームと噛み合っているようには思えなかった。特にEDは酷い。クオリティは高いだけに残念。

BGM・音:7.5
ほんのり少なめに思わなくもないが、特に違和感を感じるBGMもなく盛り上がるところはきっちり盛り上がって良かった。ギャラリー画面で流れるBGMが好き。

グラフィック・演出:8.5
この方の絵はかなり大好きです。車輪→Aプロ→こん僕と経てハマりました。みぃなも前ヒロイン達も問題なく可愛かった。でも、ヒロイン達の新CGと旧CGを比べると微妙に違和感を感じました。特になっちゃんは前作と比べるとかなり差異がでてたように思える。まぁ、性格も別人みたいに変わったし時間も経ってるからしょうがないっちゃしょうがないのか?法月将臣も同様で少し顔が・・・。枚数は少ないかもしれないがファンディスクとしては許せる範囲でしょう。背景はひまわりだけ気合が入ってました。その他のはキャラ絵のクオリティに比べると低いと言わざるをえない。

キャラ:9
阿久津将臣
前作のラスボスである法月将臣その人。主人公に相応しい最強スペックの持ち主。冷徹かと思わせて熱く義理堅い心を持つ漢。三郎のSF小説にハマるシーンはかなり笑ったw しょうもない事を冷静に判断しようとする様は少し某フルメタル軍曹みたいで面白オカシかった。通称:まちゃおみ

雑賀みぃな(CV)草柳順子
おとなしめのキャラなので終盤まではあまりぱっとしない。俺が前任の高等人だったら絶対・・・や、なんでもないですw

アリィ・ルルリアント・法月(CV)折笠愛
前作のとっつぁんに勝るとも劣らない最凶ぶりは声の力も手伝っていい味をだしてました。とっつぁんの方がより理に適った行動をしていた為、比べて悪の純度は増しているように感じる。しかし、人物としての厚みはとっつぁんよりも薄っぺらかった。三郎の言っていた萌えキャラヴァージョンが気になるw 通称:てんてぇ

樋口三郎(CV)後野祭
勝手に阿久津将臣の親友になったり女好きを公言したりとおちゃらけ風味だがその実力は・・・謎な男。かなり美味しいキャラで迷台詞いっぱいでした。こういうキャラは大好き。おっぱい大好きだっつってんだろうがっつってんだろうが!

森田賢一
前回の主人公。今回はすっかり牙を抜かれた狼。ま、いっか・・・。

日向夏咲(CV)新城麻奈
あの地下室での神々しさは欠片もなくなってしまった・・・。ちょっと変な娘になってて残念。「あ、ヤバ・・・」って言ったよねw 笑顔でごまかす君が素敵。

三ツ廣さち(CV)芹園みや
人としての魅力が一番成長した彼女、まなに会うために頑張っている姿はやはり美しかった。二人の再会にさちあれ(さむっ)メイド万歳!

まな(CV)神月あおい
まな可愛いよまな。

大音灯花(CV)紫華すみれ
委員長って設定忘れてました。ツンとデレのギャップは他に類を見ない程。声のおかげもあるがデレ時の彼女は萌え死クラス。「ぶっこぉすぞ!」は依然として健在だが、イジラレキャラがメチャ似合っている。だが、それがいいw ナイスブルマ!

樋口璃々子(CV)籐野らん
んーと。。。てへり。今回は印象に残ってない。ブラコン。

大音京子(CV)風音
好きです!結婚を前提に(ry

卯月セピア/磯野一朗太(CV)盛啓介
変態で相変わらず底の見えないキャラだった。相変わらず笑えたけどw

南雲えり(CV)倉田まりや
キャラは決して悪くなかった。が、蛇足としか思えない。

法月将臣(CV)若本紀夫
惚れない人はいない。通称:アナゴさん…じゃなくてとっつぁんw

どのキャラも自己をしっかり確立しまくりで生き生きしてます。みぃなもキャラは悪くはないのだけど周りのアクが強すぎた為に目立たなかった。まぁ、それでも最後でしっかり輝いてましたけどね。逆に最後でちょっとガッカリさせられたのはてんてぇだった。ちょっとあっさりやられすぎじゃない?

声:9.5
ふむ。。。よくよく見てみれば蒼月さんの好きな声優(女性陣)ばっかりじゃねぇくぁあぁあぁあぁー!(とっつぁん風味)ヒロインじゃないけど風音さん最高っす!もち折笠さんも神月あおいさんもね。シナリオばかりに目がいってたが声ゲーだったとはな。無論、男性陣も問題なし!言わずもがなのとっつぁんをはじめ三郎も問題なし。セピアは・・・普通かな。

テキスト・シナリオ:8
どっちかといえばおまけ要素のヒロイン編は基本的に眠くなるようなどうでもいい話ばかり。まぁ、前回のシリアスストーリーを経験してきたヒロイン達の幸せな日常を見るのはそれなりに楽しめた。エロはファンディスクとして十分及第点。サブキャラのが夢オチなのが残念無念だったがその内容は良かった。各感想を述べると、

【日向夏咲】
あんたいったい誰なのさ?と言いたいぐらいの変貌ぶり。ちょっと頭の弱い娘みたいな印象で魅力激減。話自体もだるかった。

【三ツ廣さち】
まなとの再会を目指し頑張っているさちの後日談。前向きでひたむきになった性格はとても魅力的で主人公を確実に喰っていた。まなとの再会シーンは何度見てもジーンときた。

【大音灯花】
一番ファンディスクっぽい流れだった。主人公といちゃいちゃしつつ灯花が成長していく様を描いている。いじられている彼女は素晴らしく可愛いかった。ヒロイン1おいしいキャラ(料理だけに・・・うわっ何する(ry

【樋口璃々子】
中身の無いグダグダ話。終始お姉ちゃんとの夫婦漫才な会話が続く。序盤は笑えても中盤以降はくどくてイライラする。彼女の話は都会に出てからの話にして欲しかった。

【南雲えり】
正直いらなかった。前回いきなり死んだキャラを掘り下げられても後味が悪すぎるだけです。どうせなら実は死んでいなかった!?とかいうトンデモ話のほうがまだ良かったかもしれない。でも、おまけ話の明らかなコラは激しく笑わせて頂きましたw


今回のメインディッシュである阿久津将臣ルート。
裏の裏のそのまた裏をかくストーリー展開は健在で、シリアスな中にも巧く笑いを混ぜてぐいぐい読ませていくのは流石。前回は最後まで読めない展開でしたが、今回は構成上そうもいかない。それはこの物語の結末を読者が知ってしまっているからに他ならない。つまり今回の特別高等人の試験でどんなに窮地に陥っても将臣と三郎の二人が死んだりすることはないという事実である。その為、多少の誤差はあってもその最終的な展開が予想しやすくなっている。ただ、それもヒロインのみぃなに関してとなると話は変わってくる。彼女については前回でも触れられていないので、完全に先が読めてしまうという事態にもならず、何時如何なる時にてんてぇの魔の手が及ぶのかとビクビクしてました。物語の流れは確かに、前回をなぞっていく為に(正確にはなぞっているのは前回になるのだが)似通っている箇所も当然多い。ここは物語が一緒じゃないかと批判のネタになるところなのかもしれない。ただ、それは将臣と賢一を比較するために必要な手段であり、同時に悠久より受け継がれてきた高等人試験の連鎖も暗に表現したかった為だろうと思っている。それによって、連鎖を断ち切る事が出来なかった将臣と断ち切った賢一の二人が巧く繋がる事も出来たのだと思います。そういった流れを含めるとやはり「車輪の国、向日葵の少女」と「車輪の国、悠久の少年少女」は二つ併せて一つの作品だと感じました。是非「向日葵の少女」が好きな方はこの作品もプレイして欲しいと思います。

印象値補正:0

総合:82
別にとっつぁん大好きという訳でもなくて、前作「車輪の国、向日葵の少女」が好きだったから買っただけだった。が、今作でバッチリとっつぁんのファンになりましたね。ならない人は殆どいないんじゃないだろうか。ちょっと残念だったのは前作からだいぶ間があいてしまったので細部の話を忘れてしまっていた事。いやぁ、しかし前作では冷酷無比の絶対的な悪の象徴だったとっつぁんがあんな漢だったとはね・・・人に歴史ありか。あの時の彼の選択は別に間違っちゃいないと思います。というかあの状況で山越えを選択できるものなのだろうか・・・。そっちはそっちで美しい話になるとは思うけどね。クリア後に思ったのは「車輪の国、向日葵の少女」を再度プレイすれば、前回は敵としてしか見れなかったとっつぁんが変わって見えたりして面白いかもしれないなという事。・・・ねぇ?そういや、何でハーレムルートないの?怒るよ?w

名台詞
灯花「そんなことはなかった!」

樋口三郎「人さらいです」
阿久津将臣「逮捕する」

樋口三郎「・・・俺は間違っていた、でも、お前も、間違っている。でも、それでも、すまない・・・。」
阿久津将臣「そこをどけ豚供。私はこれから、最愛の人に、会いに行かねばならんのだっ!」
エロゲ  /  tb: --  /  cm: --  /  △top
真剣で私に恋しなさい! 戯画『 BALDR SKY 』応援バナー企画参加中! 止マナイ雨ニ病ミナガラ
ニトロプラス『続・殺戮のジャンゴ』応援中 和(なごみ)応援中 アリスソフト
ほめられてのびるらじおPP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。